車の査定で拒否と減額について | 和歌山車買取業者で車を高く売る方法!






車の査定で拒否と減額について

車としての価値がない場合でも、本当にないのかどうかを確かめるために査定をしてもらうことができます。

ただ、車としての価値があったとしても、全く査定をしてもらえなくて断られてしまうケースもあります。

価値があるのなら査定してもらえるのではと考えている人が結構多いですので、断られてしまう理由をまず理解しておきましょう。

ではどのような状態になると断られてしまうのかというと、一番多いのが不正改造をしている車です。

すべてのお店がそうなのではないけれども、見た目で分かってしまう不正改造になると査定する前に断られてしまいます。

なぜ断られるかというと、基本として不正改造をしている車に関しては取り扱いしてはいけないという決まりがあるからです。

どのお店でもそうなのですが、もし不正改造の車を整備したり売買すると最悪営業停止などの処分を受けてしまいます。

それほど厳しく見られているため、お店としても問題ないよう営業するために不正改造の車は扱っていません。

なので見て目で分かってしまうような不正改造をしているとダメですので覚えておきましょう。

あと外車を全く扱っていないお店で外車を買取してもらおうとした場合でも断られる場合もありますのでこれもまた覚えておきましょう。

とんでもなく減額されてしまう状態とは

車の査定を断れなかったとしても、かなり減額されてしまい思ったような価格にならないことがかなり多いです。

高く売りたいからこそ減額されてしまうのは納得できませんので、なぜ減額されるのかそしてどこが大きな減額になるのかが知りたいところです。

ではどこが大きな減額の対象となってしまうのでしょうか。

まず一番影響しているのが、事故をしているのかどうかになります。

事故をしていてもしっかりと修理をしていれば大丈夫と考えるのですが、しかしそれは違っています。

事故をすると、とても大きな衝撃をいろんな部品に与えてしまいます。

そうすると、その時点で壊れなかったとしても後々壊れてしまう場合が非常に多く、事故車イコール故障しやすい車と考えられています。

そのため非常に人気がなくなおかつ維持費が大きく掛かるとなるため、安く販売しないと売れません。

安く売らなければいけないからこそ、買取でもかなり安くしないと利益となりませんので、結局査定でも事故歴があることで非常に大きな減額となります。

あと、元通りにしにくい改造をしている場合でも同様に大きな減額をされてしまいます。

これは、ノーマルの状態よりも改造の方がかなり人気がないためこれもまた安くしなければ売れないからです。

減額が大きくなるのは仕方がないですが、お店によってどのくらいになるかが違います。

だからこそいろんなお店で査定をしてもらい比較することが必要となります。